【1か月目】~株式投資初心者が『株だけで資産1000万円』を目指す~
Pettycon / Pixabay

2019年8月から始めました、株式投資初心者である私が『株だけで資産1000万円』を目指す試み!!

どのようなチャレンジかというのは、以前の記事をご覧ください。

 

初めてでわからないことや苦労したことはありましたが、とりあえず最低限の目標である月1万円の利益はクリアしました!!

株式投資経験者の方からすれば鼻で笑ってしまうほど低い目標かもしれませんが、私はこれで良いんです!!

「無理しない、ギャンブルにしない、コツコツ稼ぐ」こんな気持ちで株式投資を始めています。それに所詮はド素人の初月ですから。

それではスタートしたばかりの1か月目の成果や反省点等を挙げていきます!!

 

今月の利益

先に今月の利益を発表しておきます。今月は15,700円の利益(粗利)を得られました。

目標の1万円に対して157%の達成率を得られて、初月としては良いスタートを切れたのではないかと思います。

 

元手資金が100万円なので、10銘柄くらいに分散して保有することをベースとして考えていました。結果としては8~13銘柄くらいの株を常に保有しながらの売買でした。

利確した銘柄は、フリュー(6238)、ヴィア・ホールディングス(7918)、イデアインターナショナル(3140)、西松屋チェーン(7545)、タカラトミー(7867)、極楽湯ホールディングス(2340)です。



今月の出来事

幸先が悪いことに、株式投資をスタートした今月初っ端から日経平均が暴落しました。

8月5日に日経平均が一時500円超値下げ。ほとんどの株がもれなく下落しました。原因は米中貿易摩擦です。

これまで政治のニュースなどそれほど気にして見ていませんでしたが、こんなにも株価に影響するんだなということを身をもって実感しました。市場としては良くないですが、個人的には株式投資をスタートしてすぐに経験できたことはとても良かったと思っています。

 

今月の反省点

  • トレード量が少なかった
  • 銘柄選定ができず遊ばせているお金が常にあったため機会損失となった
  • トレードする上でのテクニカル知識が少なかった
  • 売買タイミングの判断に根拠が乏しかった
  • びびって利確するタイミングが早かった
  • 欲をかいて利益を見逃した
  • 決算日後に暴落した株を購入し、さらに暴落して損失を出した

 

今後へ向けての改善

今後さらに利益を上げるにはトレード量を増やす必要がある。ただし、銘柄選定をしっかりと行いただ闇雲に購入することは避ける。

起業の決算日を把握し、安易な保有や決算発表後の購入派避ける。逆張りでのトレードが中心になってしまったため、経験を積むまでは王道のトレード手法で行っていた方が良かった。

底値で購入し最高値で売却しようと考えないこと。そんなことは神様でない限り不可能。

毎日1銘柄でも良いからチャート分析して、見る目を鍛えていく。

 

今月学んだこと

  • オールドエコノミーの企業は安定性はあるが急成長は見込めない、割安に放置されがち
  • ITやバイオテクノロジー関連の企業は将来性があり割高になる傾向
  • 決算日は株を保有しない方が良い
  • 横ばいや上昇は2~3か月くらい継続
  • 下げ相場は1~2か月くらい継続
  • 株価の上昇も下降も3~5日ほどで反転することが多い
  • 出来高の急増は転換期
  • 格言『頭と尻尾はくれてやれ』
  • ゴールデンクロスとデッドクロス

 

来月の目標

毎月の目標はあくまで1万円であることに変化はありません。9月も1万円を目標にコツコツとトレードして、まずは経験を積んでいこうと思います。

ただまぁ、8月は運よく目標を大きく超える成果を挙げられたので、目標は大きく掲げたいという気持ちもあります。なので、

目標1万円の最高目標1.5万円ということで9月は頑張っていこうと思います!!



スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事一覧