資産を作るために必要な3つのステップ

資産というと少し難しく聞こえますが、簡単に言うと現金資産インカムゲイン(配当金や権利収入)です。

現在から老後にかけて『ゆとりある生活』を送るには現金資産が必要です。

そして現金資産の増加を早め、長期にわたって『ゆとりある生活』を送るためにはインカムゲインも必要になります。

 

この現金資産とインカムゲインを得る必要があることがわかっても、それをなかなか実現できていない方が多いのが現実だと思います。

しかし資産を作る仕組み自体はとてもシンプルであり、たった3つのステップを実行するだけです。

 

その3つのステップというのは、『支出を減らすこと』『収入を増やすこと』『投資をすること』です。

 

え?そんなこと?と、読んでガッカリした方もいますか?資産を増やす方法に、魔法のようなことや一発逆転のようなことはありません。

そのようなマインドはすぐに捨てた方が良いです。絶対騙されますし、一発逆転なんてただのギャンブルです。

「絶対に稼げる!」「誰でも簡単に!」「ほったらかしで1日10万円!」なんて広告を良く副業関連で目にしますが、そんなものは実在しません。よく考えればわかることです。

 

先に言ったように、資産を増やす仕組みはシンプルで、『支出を減らすこと』『収入を増やすこと』『投資をすること』だけです。

ただ大事なのは、この3つを順番通りに実行していくことです。

どのように実行していくかを紹介していきますので、この記事を読んで参考にしてもらえれば幸いです。

 

 

ステップ1.支出を減らすこと

3つのステップで最初に必ず行わなければならないことが、支出を減らすことです。

なぜなら支出を減らさないことには現金が貯まらないし、現金がないことには投資ができないからです。

 

よく貯金と投資を同時に行う人がいますが、資金が潤沢でないのであればオススメは出来ません。

少額で投資を行ったところで大して資産は増えません。保有している株価が10%値上がりしたとしても、資金が10万円であれば1万円しか増えません。しかも分散投資も出来ません。

しかし資金が100万円でもあれば10万円の利益になるので、その利益で新しい株を購入することが出来ます。

大した資産増にならないのに、貯金そっちのけで投資に手を回してもリスクが大きいだけです。それは投資においてのリスクでもありますし、現金がないというのは生活をする上ではさらに大きいリスクになります。

 

貯金と投資を同時並行する方法として、毎月5000円の積立て投資信託で低資金低リスクで始めるという手段があるのは事実です。

確かに投資で資産を築くには、早期に初めて長期間続けることがポイントでもあるのですが、お金を扱うことには順序があります。

貯金もまともに出来ていないのであれば、あなたはまだその先のステージに行ける知識も技術も身に付いていません。

今のまま投資を始めても上手くいかなので、まずは貯金をして現金資産を増やすことから始めてください。1つの貯金額の目安としては、自分の年収分が良いでしょう。

 

前置きが長くなりましたが、これから支出を減らすためのポイントを紹介していきます。

 

固定費のリストラを始める

『支出を減らす』『節約をする』となると、貯金が出来ない人は食費やお小遣いを減らそうとします。

とことん切り詰めて貯金することが出来ているという方もたまにテレビで見かけますが、普通の方がそんなことをするとストレスが貯まり悲しくて辛い生活が待っています。

 

まず最初にやるべきことは固定費のリストラです。

固定費というと、家賃・駐車場代・通信費・スマホ代・保険料などがあります。

毎月必ず出ていくお金を減らし、自由資金が増えることで家計をコントロールすることがとても大切です。

 

例えば、大して通ってもいないジムの月会費を無駄に払い続けていませんか?すぐに解約して公営ジムで使いたい時だけ安く利用するなどしましょう。

それに今の時代、固定費を減らすことはとても簡単です。

保険は人件費のかからない安いネット保険にすれば良いし、スマホは格安SIMで本当に充分です。他にも工夫できることはたくさんあるので、こちらの記事を参考にしてください。

 

我が家では、夫婦そろってスマホは楽天モバイル(毎月0円)、自動車保険はネットのイーデザイン損保、医療保険は必要ないと判断して入らず、生命保険は会社の組合で入れる県民共済のような激安生命保険(保証はバッチリ)など、徹底して固定費を下げています。

楽天モバイル エントリーとお申込で、ご契約中楽天市場でのポイントが、ずーっと2倍!


変動費の管理方法

変動費とは、水道光熱費や食費・雑費・医療費などの、毎月使うお金だけど月によって金額が変わる費用のことを指します。

水道光熱費は季節によっても金額が変わるのでコントロールしにくいですが、毎月どれくらいの金額が掛かるかを予測してあらかじめその分のお金は差し引いておきましょう。

 

また食費や雑費についても「毎月なんとなく節約しながら支払いをする」のではなく、月にいくらまでと決めて別の財布に入れて管理することをオススメします。

 

ポイントは給料が入ったら、先に使うお金を予算分けしてその月に使うお金を決めてしまうことです。

詳しい家計管理の方法はこちらの記事を参考にしてください。

 

ステップ2.収入を増やすこと

 

無駄な出費を減らしてお金が貯まる仕組みが作れたら、次は収入自体を増やすことが必要になります。

収入を増やさないことには、資産作りのペースにブーストをかけられません。

ブーストをかけるための収入を増やす方法として、代表的な3つを取り上げます。

 

今の会社で昇給を目指す

まず一番最初に考えるのが、「今の会社で給料を上げる・出世をする」ということです。

ただこれは元々給与モデルが低い会社で努力したところで、天井が見えているようであれば得策ではないかもしれません。

とは言え、収入源であることは変わりないので、所属している限りは業績を挙げてボーナスに反映させたり、昇給を目指す必要はあるでしょう。

 

副業を始める

手っ取り早いのが収入の柱を増やしてしまうことです。

ただし副業というのは、今持っているスキルを活かしたものや、不労に近い方法で収入を得ることを指します。コンビニバイトなどの時給労働は副業とは言いません。

 

今ではメルカリやココナラなどで誰でも簡単にお小遣い稼ぎができるようになりました。私自身もメルカリ歴3~4年ほどで、片手間でも年間10万円くらいは少なくとも稼いでいます。

メルカリで稼ぐスキルを身につけると、さらなる収益アップを目指してAmazonやYahoo!オークションに進出する方も多いです。私も一時期Amazonでの販売をしており、ひと月に2日の労働で5万円くらいは収益を挙げられていました。*大してすごくないですが(笑)

また最近だとBASEという誰でも簡単に自分だけのネットショップを持つことが出来るサービスもあります。とりあえず私も登録を行い、いつでも出店できる状態にはしています。

 

過去に副業について紹介している記事がありますので、興味がある方はご参考ください。

 

転職をする

「転職をする」これが収入を増やす方法としては、確実で大きく収入を増やせるので一番有効だと思います。

給料が引くければ転職すれば良いだけです。「今の低い給料=自分の価値」ではありませんので、「転職で収入アップを目指すなんてできっこない」とか考える必要はありません。

 

他にも情や義理で今の会社を辞めにくいと思う方もいると思います。

でもよく考えて下さい。人生100年時代とか言われているんです。今働いている若い世代が年を取るころには、70歳まで普通に働いている時代かもしれないんです。

そう考えると、働いている年数はざっと50年近く・・・。むしろ50年も同じ会社で働こうと考えること自体がおかしくありませんか?

というか50年も存続している会社なんてどれくらいあるんでしょうかね。

 

ステップ3.投資をすること

支出を減らして貯金をする。転職等をして収入を増やして貯金にブーストをかける。

さあ、十分な現金資産は貯まって、ここからようやく投資を行っていきます。

 

まずは低資金低リスクで始められる積立て投資信託から始めてみることをオススメします。

投資信託といっても変な商品を買っても意味がありません。リスクを最小限に抑えつつ資産を増やしていくには、やはりインデックスファンドが妥当ではないでしょうか。

投資を行う上で「積立て」と「分散」というのは基本の「キ」ですので、毎月定額で投資信託を購入し積立てを行い、なおかつ投資先は国内外のインデックスや国内と海外の債券を組み合わせるなどの分散を行うことが妥当です。

 

投資信託で投資に少し慣れてきたら、インカムゲインを作るためにも個別銘柄の購入などもして良いかと思います。

最初は株主優待目的の株を見てみると始めやすいかと思います。もちろんその際も分散が大事です。

 

目標の目安は年利3~5%で増やしていくこと。

これはあくまで一例ですが、投資信託で安全に資産を増やしながらも、個別銘柄株を購入し株主優待や配当金を得られるような仕組みを作っていく事が必要であり、インカムゲインを作る手段の一つになります。

 

最後に

3つのステップの中では、具体例を出しながら紹介しましたが、具体例はあくまで参考です。

一番大事なことは、『支出を減らすこと』『収入を増やすこと』『投資をすること』という順番を守って取り組むことです。

まずは生活に必要な最低限のお金と投資に使うタネ銭を作りましょう。そして投資を行っていく事で資産を作っていきましょう。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事一覧