198万円貰える児童手当!!その管理方法を考察!!
picjumbo_com / Pixabay

子どもを養育している人に対して、子どもが中学校を卒業するまでの間、支給される手当を『児童手当』と言います。

この制度では、中学校を卒業するまでで最大198万円を貰うことが出来る大変嬉しい制度です。

 

まずは制度の内容や利用方法について紹介していきます。

 

制度のポイント

制度の対象者と届け出先

対象者は『中学校卒業までの子どもを養育している人』

届け出先は『市区町村の役場』、公務員であれば『勤務先』になります。

 

支給額と支給される時期は?

支給額は0~3歳未満が月額1万5千円、3歳~中学生は1万円です。

第3子以降は、3歳~小学生の間のみ1万5千円に支給額が増えます。つまり、0歳~小学生が1万5千円、中学生が1万円となります。

稼ぎが良い人は注意!!
子どもを養育している人の前年の所得が一定額以上であると、児童手当を受けることが出来なくなってしまいます。
ただその代わりとして、『特例給付』というものを受けることができます。給付額は、子ども1人につき一律5千円です。
*共働きであると世帯年収が高くなってしまいますが、夫婦の合算での所得ではないのでご安心ください。共働きの場合は、所得が高い方の所得額で判断されます。

 

支給される時期

毎年6月、10月、2月に前月までの4か月分がまとめて振込まれます。

毎月振込まれるわけではないので注意が必要です。最初の振り込みがされるまで、ちゃんと手続きが出来ているのか不安になりますが、焦らず待ちましょう。

 

 

198万円の児童手当をどうする?

 

子ども手当は中学校を卒業するまでで最大198万円(第1子、第2子の場合)貰えます。

月額でいうと1万円か1万5千円が貰えますが、ではそのお金をどのように管理していけば良いのか考えていきます。

 

①子どもの習い事の費用にする

この利用方法は、私は最も悪手だと考えています。

手元に入ってきたお金をそのまま使うというのは、『ギャンブル依存症』の人に近い思考回路であり、お金を管理できない人の行動です。

子どもの習い事も含めた生活費は、毎月の収入の中でやりくりすべきことです。支給されたお金を使うべきではありません。

 

もし収入が足りなくて支給金を当てていると言うのならば、高校や大学の進学資金はどうするつもりなのでしょうか。

習い事に行かせることがギリギリだとしたら、今後の進学に必要なお金を用意出来ているとはとても思えません。

「子どもに習い事をさせたい」「不自由な思いをさせたくない」という気持ちはわかりますが、目先のことにお金を使わないで、子どものことを思うならこの先の進学のために支給金は使わず貯蓄しておいてあげましょう。

全額を積み立てておけば、大学入学に必要な資金が賄えるはずです。

 

②普通に貯蓄する

普通に預金や定期預金にそのまま貯蓄していく方法です。

特別に運用したり、積極的に増やすような方法ではないですが、とても健全で無難な管理方法です。

ちなみに私は児童手当をこの方法で管理していて、ネット銀行の普通預金を利用して貯蓄しています。(別にこれが正解というわけではないです。)

 

ネット銀行だと条件がそろえば年利0.1%のところもありますが、それでも0.1%なんて運用や投資という面で言えばあってないようなものです。

増えることはありませんが、そもそも目的は子どもの養育資金なので、リスクを取って増やしに行く必要はないと考えています。

 

③学資保険を利用する

月払保険料を1万5千円くらいで契約して、学資保険を組むという方法もあります。

方法としてあるはあるのですが、あまり意味はないと思います。むしろリスクの方が大きくなってしまいます。

 

一昔前の学資保険は高利回りで、中には返戻率200%のものもありました。つまり支払った保険料が2倍になって帰ってくるのです。

なので、昔であれば学資保険に入る価値もありました。だいたい今の50~60代くらいが子育てしていた時期です。

 

しかし現代の学資保険はどんなに良くても返戻率110%が精一杯。ほとんどが返戻率101~105%くらいではないでしょうか。

『10年かけて保険料を総額200万円支払って、最後に貰えるお金は202万円です』なんて言われても、なんの魅力もありません。

「少しでもお金が増えるなら良いじゃないか」と思うようであれば、その考えはとても危険です。

 

なぜなら、満期後は少し増えるかもしれないけど、途中で解約したら支払った金額未満のお金しか戻ってこないからです。

保険契約中の間に子どもの教育資金としてまとまったお金が必要になるかもしれませんよ?

もしかしたら周りにヤンキー中学校しかなく私立を受験させるかもしれません。子どもが中学を卒業するまで、何が起きるかわからない以上、児童手当のお金はいつでもリスクなしに使える状態にしておくべきです。

 

学資保険だと途中で解約したらお金が減って戻ってくるリスクが何年も続きます。

そのリスクを背負って最後に受けられる恩恵がほんの数万円って、それ学資保険じゃなくても良くないですか?

 

④積立NISAや投資信託を利用する

普通の貯蓄ではなく、どうせ15~18年くらい使わないなら低リスクで運用する方法として、積立NISAや投資信託があります。

あくまで養育資金なので、インデックスや債券などの低リスクの商品での運用が良いかと思います。

 

私もそのまま銀行口座で貯蓄していくか、積立NISAや投資信託で運用していくか、とても迷いました。

迷ったあげく、銀行口座での貯蓄を選択しました。理由としては、既に毎月貯蓄の一部を積立の投資信託で運用していたので、同じようなことをする必要はないだろうと考えたからです。

しかも積立投信のポートフォリオを『国内株インデックス・外国株インデックス・国債・外国債』で運用していたので、児童手当のお金を低リスクで運用しようとしたら内容がだいぶ被っちゃうなと思って、リスク分散にならないので止めました。

 

他にNISAや投信を行っていないのであれば、児童手当の管理方法としてはありだと思います。

ただし本来の目的を見失わず、低リスクでの運用を心がけるべきであり、アクティブ運用は避けるのが賢明でしょう。

 

最後に

私は児童手当のお金をそのまま素直に銀行口座で貯蓄しています。

それだけでも198万円も貯まるので高校や大学入学の資金として考えたらとても助かります。

 

少しでも増やそうとするならNISAや投信もありだと思っています。

それでもポートフォリオには、定期預金を30%は入れてリスクを低減。投信であれば国内外の債券を合わせて30%、国内株15%の外国株25%って感じですかね。

注意!!あくまで私個人の意見なので、同じようにして損したと言われても一切責任は負いません。

少なくとも個別銘柄の株を買って増やそうだなんてことはしません!!!
あくまでの子どものためのお金であって、養育資金ですから!!!
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事一覧