【経験談】コスモスベリーズはせどりに使えるのか?

せどりの仕入れ手段として、卸店からの仕入れがあります。有名どころでいうと、NETSEA、トップセラー、もしもドロップシッピングなどがあります。

 

そんな中でコスモスベリーズという会社をご存知でしょうか?実はこのコスモスベリーズという会社は、ヤマダ電機グループの子会社でありヤマダ電機と同じ製品を仕入れられる卸店なのです。どうせ卸店を仕入れ先にするなら、ヤマダ電機と同じ製品を仕入れられるというのはかなり魅力に感じるかと思います。

 

実際に私はこのコスモスベリーズに加入していたことがありますので、経験談を元にコスモスベリーズがせどりの仕入れ先として選択肢になるのか解説していきます。

 

 

 

コスモスベリーズとはどんな会社か

コスモスベリーズとは、ヤマダ電機の100%子会社です。コスモスベリーズは、町の電気屋さんが家電量販店に価格競争で負けないようにするために誕生した会社です。

コスモスベリーズの前身は豊栄家電という会社で、家電販売の仕入れを複数の加盟店で共同仕入れすることで仕入れ価格を抑えて、地域の小売店に低い単価で提供するという事業を行っていたようです。その後ヤマダ電機と提携し、地域の家電販売店を支援するというビジネスモデルになっています。

 

今ではコスモスベリーズとボランタリーチェーンという形で契約することで、ヤマダ電機と同じ製品(23万点)を仕入れることが出来ます。加盟店は、現在では11386店舗になるそうです。

 

加入のメリット

コスモスベリーズへ加入すると様々なメリットがありますが、その中でも大きなメリットとしては3つです。

 

1つ目は、『量販店並みの仕入れ価格で仕入れられる』ことです。

町の電気屋さんは、商品を大量購入することが出来ないため、どうしても仕入れコストはかかってしまいます。コスモスベリーズは町の電気屋さんを応援するために出きた会社です。町の電気屋さんが仕入れで家電量販店に負けないように、「量に関係ない仕入れ価格の均一化」を行っています。これにより、仕入れ量に関係なく安く商品を仕入れられ、家電量販店の価格に負けない販売が行えるということです。せどらーにとっては仕入れが勝負なので、大きなメリットになりそうです。

 

2つ目は、『店舗・流通・修理・工事などをヤマダ電機のインフラを使用できる』ことです。

大型家電のせどりを行う場合はどうしても配送料がかかってしまいますが、そこはヤマダ電機のインフラを利用することが出来ます。いわゆる洗濯機や冷蔵庫などの大型白物家電は発注をかけると、ヤマダ電機側が配送と設置の手配をしてくれます。こちらとしては、商品の販売窓口だけを用意しておけば良いので非常に簡単で手間いらずです。

 

3つ目は、『ヤマダ電機の店舗で仕入れができる』ことです。

商品の仕入れはシステムから直接加入者の元へ送ってもらうこともできますが、ヤマダ電機の店舗で直接行うことも出来ます。商品の配送には時間がかかるので、店舗に直接仕入れに行けることはせどりを行う上で大きなメリットになると思います。注文が入ってから仕入れを行うことも可能なので、無在庫販売が可能です。実際にコスモスベリーズに加入されている店舗は、無在庫販売が基本です。

 

加入するには?

コスモスベリーズに加入するには、加盟金として最初に10万円の支払いが必要です。また会費が毎月1万円(税別)かかります。

卸店仕入れを行う際は、月会費が掛かることもしばしばありますが、加盟金として最初に10万円(税別)掛かるのは少しハードルが高そうです。

本格的にせどりで利益を上げていきたい、物販を事業化したいという強い思いが必要そうです。

 

コスモスベリーズはせどりに使えるのか?

結果から言いますと、せどりの仕入れ先として使うのは難しいです。

せどりの販売チャネルというと、メインはAmazonになるかと思います。しかしハッキリ言って、Amazonでは全くと言って良いほど利益が出ません。

 

量販店に負けない価格で仕入れができることがコスモスベリーズ加入の強みですが、正直なところ仕入れ価格は安くありません

どれくらいの仕入れ価格かというと、Amazonで出品してギリギリ利益が出るかどうかというレベルです。Amazonで買った方が安いということも普通にあります。

 

本部からの売上や仕入れのノルマは一切ないので、月会費1万円(税別)を支払うの覚悟で、とりあえず入会したままにしておいても良いかもしれませんが、初心者にはオススメできません。

 

せどりで使えそうなシステム

高いお金を払って入会したので、どうにか個人でも収入に繋げられないか模索しました。

その中で可能性を見出したのは、白物家電やテレビなどの大きな家電です。

 

コスモスベリーズに入会すると利用できるシステムに『全国まごころ宅配サービス』というものがあります。

ヤマダ電機の関連会社を利用して、配達から設置まで全て代わりに行ってくれます。もちろん配送料や設置料もかかりますので、その分の料金を販売価格に反映しないと利益がなくなってしまいますが、それでも配送料・設置台は一般的なものよりも安いです。

 

大物家電は個人の物販やせどらーのライバルは少ないので、BASEなどで自分のショップサイトを作って販売していこうかと思っていました。

結局、顧客とのメール対応などを考えると、本業がある生活の中でそこまでの時間を創出できなかったのであきらめてしまいましたけどね。(笑)

またコスモスベリーズの担当者に聞くと、個人でコスモスベリーズと契約して利益を上げている人も割といるようなのですが、話を聞く限り副業などではなく、個人事業主としてどっぷり時間を費やしているようでした。

コスモスベリーズを使ったせどりは出来ないことはないのかもしれませんが、副業として行うには少し厳しいかなと思います。

 

解約はすぐに出来るのか

私はすぐに出来ました。

コスモスベリーズは、各地域(都道府県単位?)に営業担当者がいるので、その人に連絡してでも良いですし、本部に電話しても解約できます。

営業担当者の方に伝えるのはなんだが気が引けたので、私は本部に直接電話しました。(笑)

 

まとめ

販売チャネルがAmazonしかないせどらーであれば、コスモスベリーズの仕入れは止めておいた方が良いです。最近のAmazon価格は卸店とも言えるくらい安くなっていますので、利益を出すのは難しいです。しかし他にも販売チャネルがあるのであれば、利益を取ることは可能かもしれません。

また店舗を構えての販売であれば確かに利益が出せる仕入れ価ではありますが、それでも特別安く仕入れることはむずかしいと思います。少なくともECサイトと争っていくのは賢明ではなさそうです。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事一覧