FP資格を取った理由
geralt / Pixabay

ファイナンシャルプランナーという言葉は皆さん聞いたことがあると思います。

なんとなく「お金に詳しい人?・・・投資とか保険とか?」というイメージではないでしょうか。

FP資格というのは正式には、『ファイナンシャル・プランニング技能士資格』のことで、さらに1~3級まであります。

 

ファイナンシャル・プランニング技能士とは?

普段の生活からビジネスまで、幅広くお金のことについて勉強して取り扱う、少しカッコつけて言うと「お金のエキスパート」です。幅広いお金に関する知識のうち、節約から税金、投資、住宅ローン、不動産、教育、老後、相続まで、ありとあらゆるお金の分野に精通しています。

【扱う分野は以下の6つ】
1. ライフプランニングと資金計画
2. 金融資産運用
3. タックスプランニング
4. リスク管理
5. 不動産
6. 相続・事業承継

 

私がFPの資格を取ろうと思った理由の前に、まずはFP資格を取るメリットを私生活とビジネスの両方の観点から紹介していきます。

 

 

【メリット①】生活に役立つ

stevepb / Pixabay

『ファイナンシャル・プランニング技能士とは?』で紹介したように、FP資格の勉強をすると、ライフプランニングや金融資産、不動産・相続など、幅広くお金の知識について学ぶことが出来ます。
この内容は決して金融業界や投資家だけに役立つ内容ではなく、FP資格で身に付くものは普段の生活でもとても役立つ内容となっています。

 

例えば、

 

    • 「結婚したら生命保険に入った方がいいの?医療保険は?」
    • 「マイホームを買うのにどれくらいお金がかかるの?」
    • 「子供の教育費はいくらかかるの?どうやって用意すれば良い?」
    • 「メルカリとか仮想通貨で利益が出たけど、税金ってどうすれば良いの?」
    • 「ふるさと納税ってどういう仕組み?」
    • 「もし自分が死んだら妻と子供はどうなる?生きていけるの?」

    など、日々の生活から死ぬ時まで、お金というのは生涯にわたって付きまとう一生の問題です。

    FP資格の勉強をすることで、こういった疑問を解決できるようになります。また金融リテラシーが上がり、様々な分野の知識が深まり資産形成にも繋げることができます。

     

     

    【メリット②】キャリアに役立つ

    Free-Photos / Pixabay

    FPの知識は、仕事においても大いに活用することができます。

    どんな仕事をしていても、経済や金融の知識というのはコミュニケーションを取る上で必要なものであり、社会人の常識でもあります。

    またそれだけでなく、転職やキャリアアップにも活用することができます。
    特に、銀行や保険・証券などの金融業界、住宅メーカーや物件仲介業などの不動産業界では、FPの知識が役立ちます。

    むしろこれらの業界ではFPの資格を取って当たり前なレベルなのですが、転職の際は初めから取得していれば入社希望の説得力が増しますし、会社にとっても入社後の研修費を削減出来たり即戦力として受け入れることができます。

    さらにはその専門性を活かし、社会保険労務士や行政書士などの資格も取得して『独立開業の道』という選択肢もあります。

    お金について学ぼうと思った理由

    cegoh / Pixabay

    私は子供の頃、『大人になったら、税金とか投資とか保険とかお金について色々とわかるようになるんだろうな~』と思っていました。

    でも現実では全然そんな大人にはなっていませんでした。

     

    • 会社に入社した時に保険の加入を勧められ、わけもわからず医療保険に加入
    • 企業型確定拠出年金でどの商品にすればよいかわからず、とりあえずリスクが少ないと説明されたものを選択
    • 持ち株制度について説明され、みんな特に理解もせずに申請書提出
    • 給料明細を見ても、お金が引かれている項目が何なのかわからない
    • 年末調整?バイトしてた時もあったような気がするけど・・なにそれ?

     

    私は思いました。

    『これじゃダメだ。バカのままじゃ「社会」に搾取される。』

     

    そう思って、お金に関する本を読み漁り勉強を始めました。

    しかしこの時はFP資格というものを知らなかったので、ただひたすらに効率の悪い勉強をしていました。

     

     

    FP資格を取ろうと思った理由

    stevepb / Pixabay

    非効率ながらもそれなりにお金について知識が付いてきた頃、親友の1人が転職して保険の営業マンになっていました。

    その親友から「保険を紹介したい」と連絡が来ました。

    正直なところ、保険の営業マンって少しイメージが悪いですよね。「家族・親戚・友達・知り合いを保険に勧誘するところから始めるツラい仕事」みたいなイメージがあると思います。私も最初はそうでした。

     

    でも私は『保険のことを学び直す良い機会だ!!!』と思い、親友の話に乗りました。

    元々口の上手い親友ですが、やはり専門知識は自分よりもはるかに上。紹介される商品の必要性をすごく感じる。

    しかし、保険への毎月の支払金額も決して安くない。

     

    ただそこは私パパホワイトの長所でもあり短所でもある、

    『興味を持ったら損をしても良いからとりあえずやってみる。やってみながら学ぶ。』が発動して、とりあえず生命保険と医療保険を契約(その後、全て解約することになる)。

     

    しかしこの時も思いました。

    『あ、全然保険のこと知らないわ。入社当時と何も変わってないや。』

     

    そこからFP資格というもの知り、勉強して資格取得へと繋がりました。

     

    FP資格を取って変わったこと

    nattanan23 / Pixabay

    何が一番大きく変わったかというと、『お金』に関する話への苦手意識がなくなりました。

     

    「医療保険とかよくわかんないなー・・・確定拠出型年金って会社で入ってるけどなんだろう・・・自動車保険ってどれが良いのかな・・・何がなんだかわらないけど、難しそうだし、まあいいや

    といった意識は一切なくなりました。

     

    今では、各種保険、年金、ふるさと納税、企業型確定拠出年金、個人型確定拠出年金、確定申告、株式投資、債券、不動産、投資信託、資産運用、家計管理etc・・・大好物です。

     

    FPを勉強することで金融リテラシーが上がり、生活の質も向上しました。これは本当に実感します。

    お金について詳しくなることで、今までいかに無駄なことにお金を払っていたか、どれだけ損をしていたかを痛感しました。

    結婚していてパートナーがいる方、子どもがいる方、将来設計を考えたい方などには、FP資格の勉強をすることをオススメいたします。

    ちなみに私は「みんなが欲しかった!」シリーズの教科書と問題集のみでFP3級に試験に合格しました。

    FP2級も教科書と問題集のみで合格は可能ですが、3級よりも難易度はグッと上がりますので、不安な方は通信教育や学習アプリを利用されると良いかと思います。

    2019-2020年版 みんなが欲しかった! FPの教科書3級 [ 滝澤 ななみ ]

    価格:1,728円
    (2019/6/25 22:10時点)
    感想(3件)

    2019-2020年版 みんなが欲しかった! FPの問題集3級 [ 滝澤 ななみ ]

    価格:1,620円
    (2019/6/25 22:11時点)
    感想(1件)

    にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
    にほんブログ村

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事一覧