結婚したら銀行口座はいくつ持てばいいの?~お金の管理方法を紹介!~

独身の時とは違い、結婚したらお金の管理はしっかり行わなければなりません。子どもが欲しければなおさら将来設計を考えてしっかり管理すべきです。

これまでお金に無頓着であった人は、お金をどう管理すれば良いのかわからないという声が多いです。

独身のうちは最低限給与口座があれば生活できてしまうので、わからないのは仕方ないことではあります。

 

結婚して、「財布の管理を任された!」という方はぜひ参考にしてください。

また共働きで、「それぞれがお金を管理している」という夫婦は、お金が貯まらない典型のパターンなので、まずはこの記事を読んで少しづつで良いのでお金について考えていく癖をつけてもらえたらと思います。

 

【基礎編】オススメ口座数と使い方

一般的に必要な銀行口座数

一般的には最低でも2つの銀行口座が必要です。

内訳としては、給与が入る①メインバンクと、お金を貯める②サブバンクです。

 

ただし、これはあくまで最低限の数で、家族として将来を考えるなら、4つは銀行口座が必要です。

内訳は先ほどの①メインバンクと②サブバンクに、老後用の口座・使うための口座を用意することです。

4つの銀行口座の使い分け
  • メインバンク・・・給与口座。家賃やローン、公共料金、クレジットカード支払いなどに使いお金の流れを把握。
  • サブバンクA・・・使うための貯蓄口座。高額で必要な物を購入する時や旅行用の資金として貯蓄。
  • サブバンクB・・・原則下ろさない貯蓄口座。年収分を貯めることが目標。もしもの時の生活資金として準備。
  • サブバンクC・・・原則絶対に下ろさない貯蓄口座。老後の資金としての口座。長期的に貯蓄する。

この4つの口座を使い分けることが、お金の管理を始める上での第一歩です。

 

基本的なお金の流れは、まずメインバンクに給与が入ったら生活に必要な様々な支払いをこの口座で済ませます。

次にサブバンクA~Cに貯蓄するお金をあらかじめ移してしまいます。同じ銀行の定期預金口座にしたり、オンラインバンキングで移してしまえば楽でしょう。

そして最後に残ったお金を食費などの生活費にあてるといった流れです。

 

お金が貯まらない人は、残ったお金を貯蓄に回そうとするので、本気でお金の管理をするなら毎月定額を先に貯蓄してしまうようにしてください。

お金のことに詳しくない初心者の方はまずこの4つを意識しましょう。

 

「貯める」と「増やす」を使い分けるパターン

今度は少しステップアップして、貯めながら増やす方法について紹介いたします。

方法は簡単で貯蓄用の老後資金用のサブバンクを、銀行口座ではなく証券口座にすれば良いだけです。

「貯める」と「増やす」の使い分け
  • メインバンク・・・給与口座。家賃やローン、公共料金、クレジットカード支払いなどに使いお金の流れを把握。
  • サブバンクA・・・使うための貯蓄口座。高額で必要な物を購入する時や旅行用の資金として貯蓄。
  • サブバンクB・・・原則下ろさない貯蓄口座。年収分を貯めることが目標。もしもの時の生活資金として準備。
  • 証券口座・・・・・老後の資金としての口座。iDeCo、NISA、投資信託などを使って長期の積み立て。

証券口座というと少しハードルが高い気がしますが、口座開設はオンラインで可能ですし、指示通りに行えば誰でも簡単に開設できます。

オススメは楽天証券SBI証券などのネットの証券口座です。なぜならネットの証券会社は手数料が圧倒的に安いから。またこの2つはネット証券の中でも2トップともいえる存在で、この2つをオススメしない金融関係者はまずいません。

これからの時代は、「お金を増やす」「資産運用をする」ということとは逃げられません。その上で証券口座というのは欠かせない存在です。

 

どうしても証券口座には抵抗があるって方は、あまりオススメはしませんが、生命保険によって資産形成するという方法もあります。

ただしこれには、証券口座による投資以上と言っても過言ではないリスクがあるので、そこはしっかり勉強してから考えて下さい。

 

【応用編】基本パターンからの派生

基本的な銀行口座数や使い分けは、上記の基本パターンの4つで問題ありません。

家庭の状況が変わってきたら、この基本パターンを応用して口座数を増やしたり管理していけば良いのです。

ここでは2つだけ紹介しておきます。

 

子どもがいる場合

子どものことを考えると、教育費用を作っておかなければならないと思います。

教育費用には専用の口座を用意し、別物として管理することをオススメします。

そうは言っても、「他の口座でも貯蓄ばかりでそんなお金はない!」と思うかもしれませんが、大丈夫です。あります。

それは児童手当です。申請すれば行政から支給され、中学を卒業するまでで総額198万円にもなります。

このお金を別に管理しておけばOKです。

 

医療保険の代わり

保険は基本的に費用ありません。本当に必要なのは自動車の任意保険くらいです。

特に医療保険なんかは必要なく、いざとなったら自分で支払えば良いだけです。その時用に、医療保険に払うつもりで同額のお金を貯蓄していきましょう。

 

日本には高額療養費という制度があり、どんなに高い治療を受けてもひと月の自己負担額は10万円未満くらいで済みます。

医療保険は「入院1日につき5000円」などの給付をしてくれて助かるような印象がありますが、相当な日数入院しないと支払った保険料の元が取れません。

しかも今の時代、長期入院などほとんどなく、すぐに退院させられますのでなおさら払い損になります。

 

【参考】パパホワイト家の口座数を公開

この記事ではお金の管理を目的として、銀行口座を使い分ける方法の基本を紹介しました。

銀行口座は少なすぎてもダメだし、多すぎても管理できていなければ、それもそれで問題だと思っています。

では、パパホワイトの家では銀行口座をいくつ使い分けているかというと、証券口座も加えて全部で10個以上です。

正直、多いかなーとは思います。笑

ただ一応それぞれの口座に使っている目的があって使い分けてます。

 

パパホワイトの銀行口座使い分け
  • メインバンクA・・・自分の給与口座。駐車場代、公共料金、クレジット支払い、生活費など。
  • メインバンクB・・・妻の給与口座。ここのお金は原則下ろさない。給与口座であり原則下ろさない貯蓄口座
  • サブバンクA・・・・営業日当が入る給与口座。目的としては、大きな買い物や旅行資金などの使うための貯蓄口座
  • サブバンクB・・・・副業の収益を管理している口座。積極的に投資などに使うための貯蓄口座
  • サブバンクC・・・・子供の教育費用の絶対に下ろさない貯蓄口座。児童手当などは全てこの口座に入れる。
  • サブバンクD・・・・外貨預金を行っているどちらかというと増やす口座
  • 証券口座A・・・・・投資信託で積み立てを行っている増やす口座
  • 証券口座B・・・・・個別銘柄などの売買を行う増やす口座。資産運用というよりほぼ趣味。
  • 個人の口座A・・・・独身時代に貯めていた貯蓄口座。いざという時の貯蓄口座
  • 個人の口座B・・・・妻が独身時代に貯めていた貯蓄口座。いざという時の貯蓄口座

 

他にも”増やす”という意味では仮想通貨の口座や会社の持ち株などがあったり、妻のへそくり用口座があったりしますが、今回の記事での”口座”とは少し趣旨が外れる気がしたのでカウントしていません。

よって、我が家は10個以上の口座を使い分けているということです。

 

見る人が見ると、否定されそうな口座数な気もしますが、私はしっかり用途別に使い分けが出来ていますし、把握も出来ているので問題ありません。

これからお金の管理を行おうと考えている人は、まずは自分が管理できるくらいの数から始めて、家庭がある人は最低4つは銀行口座を使い分けていきましょう。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事一覧