現在の総資産を計算したら2000万円以上あった件

かなり久しぶりにブログを更新しました!!

転職やら引っ越しやらで1か月以上、記事の更新をさぼってしまいました・・・。

おかげでどんな風に記事を書くのか忘れてしまいました。(笑)

 

とまぁ、私生活が色々と落ち着いたので、改めて我が家の総資産をスプレッドシートを使って管理していたところ、驚きの嬉しい事実が発覚!

パパホワイト家、2000万円以上の資産がありました!!!

もうちょい細かく言うと、2300万円くらいって感じです!!!

 

45歳でセミリタイアを目指している身としては、計画以上に増えていてうれし泣きです。。。(涙)

参考になるかはわかりませんが、ここまでくるのに意識していたことや、今行っている投資術について紹介していこうと思います。

素人投資家なので、あくまで参考程度にしかなりませんが!!!

 

世帯収入について

我が家は共働きのダブルインカムです。

具体的な金額は避けますが、2人合わせて世帯年収は1000万円を超えている状況です。世間ではパワーカップルといった呼び方もしているそうですね。

世間一般的には恵まれている方だとは思いますが、裕福な生活は特にしておりません。資産形成が第一。

 

現在妻は育児休業中でのため収入はありませんが、育児休業給付金が貰えるため実質的な収入はあります。

(育児休業給付金は労働により得ているお金ではなく社会保障の一部なので、「収入」とは呼びません。)

 

しかも産休に入る前は繁忙期で会社にめちゃくちゃ働かされており、残業代がわんさかあったため、給付金もまぁまぁな金額を頂いております。

ボーナスが貰えない状態ではありますが、毎月の手取り金額で考えると、休職前の通常期と比べてもそんなに変わらないかなといった感じです。

 

貯金をするにも投資をするにも、何よりも必要なのが収入です。

私の前職が製薬会MRであったため、割と恵まれた給与形態でしたが、この先も稼ぎ続けるスキルを手に入れるため、そしてさらなる収入アップのために転職をしました。

何よりも必要なのは収入です。これ次第で資産形成にブーストを掛けることができますからね。それもダブルインカムなら最強です。

今の時代、夫婦共働きが過半数を超えているようなので、働くことができるならドンドン働いていきましょう。

 

ちなみに一時は、暇な時にAmazon物販の副業を行っており、毎月5万円ほどの副収入を得ていました。しかし結構な労働であることや、何の生産性もなくスキルアップに繋がらないために止めました。

今はもっぱら投資に力を入れて、お金に働いて貰おうと日々勉強中です。

 

支出について

パパホワイト家は子供がいるので、子育てにはそれなりにお金が掛かっています。

私も妻も元々あまりお金を使わない倹約家タイプなので、周りに比べたら今はあまり子供にお金を掛けていないと思います。

普通に暮らしていくだけなら、家賃を除いて生活費は10万円あれば絶対に足ります。ひと月5万円で済んだこともあります。

 

私自身がお金にうるさい(ケチ?)なので、支出は可能な限り抑えています。

特に固定費の削減はもはや趣味です。

 

毎月の貯金と投資について

基本的には毎月の生活は全て私の給料で賄っています。

妻の収入は全額貯金です。ボーナスも基本は全額貯金。これを行うことで、かなりの現金資産を生み出すことができます。

 

また行政から貰える児童手当(今は月1.5万円)と会社から貰える育児手当(2万円)は別途、子育て用に貯金しています。

親戚から貰ったお祝い金やお年玉も全額、子育て貯金です。

 

投資はいくつか行っているのですが、毎月定額で必ず行っているものとして『積立投資信託』があります。

毎月の掛金は5万円。

ポートフォリオは現在4つに分けていて、『国内株インデックス25%・外国株インデックス30%・国債インデックス30%・外国債15%』といった感じです。

ポートフォリオは日本国民の年金を運用してくれている「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)」を参考にして、独自にアレンジしました。

 

総資産2000万円の主な内訳

*総資産2000万円は、お互いの独身時代の貯金額も合わせての金額になるので、結婚してから作った資産でいうともう少し少なくなります。とはいえ、資産は資産なので。(笑)

 

現金

内訳で言うと、8割くらいは現金資産です。

まず結婚してから現金資産1000万円を作ることを目標としていました。

大した理由はないのですが、キリが良い金額であり銀行のペイオフの上限が1000万円だから。

そして世間一般的には貯金額500万円くらいの世帯が多いようなので、早期に1000万円の現金資産を作れれば家計的にかなり余裕ができる。

またそれだけ貯めれば、今後の余剰資金は全て投資に回せて、資産形成の加速度を上げられると考えたから。

独身時代のお金も含めて、現金資産の比重が少し多いと感じているので、今後は投資の割合を増やしていこうかと思います。

 

投資信託

投資信託を投資の中核としています(金額的には個別銘柄株の方が多いのですが…)。

現金資産は十分に出来ていると考えているため、子育て貯金を除いて、月の収入の大半を積立投信の拠出額にあてようと考えています。

 

自社持株

金額ベースで投資の中で一番割合が多いのが、妻が持っている自社の持株です。

毎月の拠出金は1万円で大した金額ではないのですが、10年くらい続けているので結構な金額になっています。

1銘柄に集中しすぎるのは危険ではありますが、自社株は特典も多いので今の拠出金のまま継続していく予定です。

 

個別銘柄株

金額ベースで2番目に多いのが個別銘柄株です。

投資というよりは短期でのトレードなので、「株式投資」ではなく「株式トレード」に分類されるのだと思います。

こちらは資金100万円を元手に初めていて、年12%増を目標にトレードしています。現在は年24%増のペースでトレードが出来ているので、かなり順調です。

 

ただ、今は100万円という割と小さい金額なので年12%くらいなら増やしていけますが、1000万円くらいになったらキツイかなぁとは思います。

1000万円の12%と言ったら120万円ですからね、さすがに素人投資家には厳しいかな。(笑)

 

iDeCo

iDeCo自体は開始する手続きを現在している最中なので、正確には行っていません。

ただ前職の企業型確定拠出年金の分がありまして、今の会社には年金制度がないため、その金額をそのままiDeCoとして継続していく予定です。

今後は毎月上限の2.3万円を拠出して、節税とともに資産形成をしていこうと思っています。

 

暗号通貨

これを資産に入れて良いのか微妙な気もしますが(笑)、現在価格で約30万円分持っています。

恥ずかしいので元の資金がいくらなのかは言いませんが(笑)、ハッキリ言ってマイナスです!!!爆

一時は暗号通貨バブルで300万円くらいまで上がって、めちゃくちゃ含み益があったのですが、売ることができずに今日を迎えております。。。

 

ただとても良い勉強になりました!!!本当に!!!

暗号通貨を始めた時は投資のイロハも何一つ知らない状態で行っていました。今考えるととても恐ろしいですが。。

でもこれをきっかけにして、投資や資産運用、保険、不動産などなど色々とお金について勉強するようになったので、本当に良い経験が出来たと思っています。

それも独身で若いうちに失敗できたからこそ、良かったと思います。

家族が出来て、40代50代、ましてや60代になってから投資を始めて失敗するなんてさらに恐ろしいです。

 

まぁ今くらいの投資知識があったら、当時の自分に言ってやりたいです。『利確しとけ』と。(笑)

 

まとめ

大して参考にならない記事だった気がしますが、大事なことは3つ。

『収入を増やして、支出は下げて、投資に回す』

 

『貯金は投資?』と思う方もいるかと思いますが、銀行貯金も投資です。銀行にお金を貸しているという状態なので。どうせ預けるなら、楽天銀行や住信SBI銀行などを利用して、証券口座と連結させれば年0.1%の金利が付きますよ。

 

そして話が矛盾してしまうのですが、株や投信などの本格的な投資を始める前に、必ず現金資産を作ること!!!

現金資産を作ることが何よりも第一優先です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事一覧